私の一番の大好物


3歳の時に両親に駅前のお寿司屋さんに連れて行ってもらって以来、お寿司が大好物です。その時中トロを食べましたが、頬っぺたが本当に落ちるかと思いました。それ以来、誕生日やクリスマスは我が家ではずっと寿司。

お寿司屋さんに行くと高いので、いつも母が魚を買って、家で握ってくれました。夜食べ余ると、翌朝の朝ごはんとして食べ、そのまま手を洗わないで学校に行き、授業中手に残る寿司の残り香を満喫していました。大人になり、自分のお小遣いでいろんなものが食べられるようになっても、お寿司は私の中で今も不動の一位です。

最近は魚嫌いの子も多く、特に生魚が苦手な子も多いみたいです。でも、せっかく海に囲まれた日本に生まれてきたのだから、新鮮な魚で握られたお寿司を「おいしい」と食べる子が増えてくるといいと思います。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ